PC上手

パソコンまめ知識リンク集ご利用にあたってお問い合わせ
サイトマップ

Homeデスクトップノートブック周辺機器用語集カスタマイズ


パソコンまめ知識

PC上手トップ > パソコンまめ知識(2005年6月)

このページでは、パソコンに関するマメ知識や気になるモノ等を日記形式でご紹介していきます。


<< 前月のまめ知識へ <2005年6月のまめ知識> 次月のまめ知識へ >>

2005年6月27日(月)

■フリーメールの活用 〜メールアドレスを無料で取得〜

メールアドレスを複数持ちたいと思ったことはないでしょうか。メールアドレスが複数あれば、プライベート用、メールマガジン用、仕事用、などなど様々な用途に活用できると思います。
そこで今回は、有名なフリーメールサービス(無料でメールアドレスを取得出来るサービス)を比較して一覧にしてみましたので、ぜひ選ぶときの目安にしてください。おすすめはOutlook Express等のメールソフトで送受信出来るものや、携帯電話で閲覧が可能なサービスです。
フリーメールの活用

項目 容量 便利な機能
Yahoo!メール 100MB 迷惑メール排除機能・ウイルス対策機能・メールソフトで送受信可能・携帯電話からも閲覧可能
Hotmail 250MB 迷惑メール排除機能・ウイルス対策機能
gooメール 6MB 迷惑メール排除機能・ウイルス対策機能・メールソフトで送受信可能・携帯電話からも閲覧可能
Livedoorメール 1GB
(1000MB)
迷惑メール排除機能・携帯電話からも閲覧可能
Infoseekメール 50MB 迷惑メール排除機能・ウイルス対策機能



2005年6月20日(月)

■パソコンを快適に 〜メモリの空きを増やす〜

いくつかのソフトを起動していると、「リソースが不足しています」というエラーが出たことはないでしょうか。ソフトを起動するとメモリをいくつか使用するのですが、この現象は、複数同時に立ち上げる事でメモリの空き容量が足りなくなってしまい起こります。
しかし、パソコンを買った段階で、いろんなソフトが自動で起動していることは良くあります。それらを停止するだけでも、だいぶメモリの空き容量は増やせるものです。今回はその方法を紹介します。
パソコンを快適に

【不要な自動起動アプリケーションを停止する】
1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
2. そこで「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
3. すると「システム設定ユーティリティ」というウィンドウが開きますので、「スタートアップ」のタブをクリックします。
4. ここに自動で起動するものの一覧が書かれていますので、停止する項目のチェックボックスをはずします。
5. 「OK」をクリックすると再起動を促されますので、再起動する事で変更が反映されます。


ここで注意しなければならないことは、Windowsのシステムで必要なものを停止してしまうと、正しく動作しなくなってしまったりすることがあります。自己責任で停止するようにしてください。基本的には「C:\Windows...」にあるものは停止しない方が良いです。以下に停止を推奨する一部の機能を書きますが、さらに詳細を知りたい方はWindows.FAQをご覧ください。

項目 内容
Microdoft Office Startup Office製品の高速起動。Office製品をあまり使わない場合、停止を推奨。
Microdoft Find Fast Office製品の文書検索を効率化するソフト。停止を推奨。
Loadqm MS との通信に使用。停止を推奨。
Adobe Gamma Loader Photoshopでカラー調整等をしていない場合は、停止を推奨。
Adaptec Direct CD DirectCD(CD作成)ソフトをあまり使わない場合、停止を推奨。
Quick Time Task 動画等を再生するQuick Time Player。停止を推奨。



2005年6月11日(土)

■パソコンのメンテナンス 〜快適なパソコンライフを〜

パソコンを長く使っていると、だんだん動作が遅くなってきます。それはパソコンに不要な情報やファイル等が蓄積されてくるからです。仕事でパソコンをメインに使う人にとっては、パソコンの快適な動作は必須でしょう。そこで、今回はWindowsにデフォルトで付属しているツールで定期的にパソコンのメンテナンスを行うことで、快適なパソコンライフを送るための方法を書いてみました。
パソコンのメンテナンス

【メンテナンス1】 ハードディスクのクリーニング
パソコンを使っていると、ハードディスクには不要な情報やファイルが蓄積されていきます。そこで、まずはハードディスクを掃除しましょう。1ヶ月に1回くらいが目安です。

・ハードディスクの掃除の仕方
1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→
 「ディスク クリーンアップ」を実行します。
2. 掃除をするドライブを選択して「OK」を押します。
3. 削除されるファイルや容量が表示されますので「OK」を押します。
4. 全部のドライブを掃除する場合は2〜3を繰り返します。


【メンテナンス2】 ハードディスクのエラーをチェック・修復する
パソコンを使っていると、ハードディスクの一部でちょっとしたエラーで使えない領域等が発生したりする場合があります。放っておくと悪化したり、パフォーマンスの低下につながりますので、定期的にチェック・修復しましょう。6ヶ月に1回くらいが目安です。

・ハードディスクのエラーをチェック・修復の仕方
1. 「マイコンピュータ」を開き、チェックしたいドライブの上で「右クリック」→「プロパティ」を実行します。
2. 「ツール」タブをクリックし、エラーチェックの「チェックをする」をクリックします。
3. チェックディスクのオプションをチェックし「開始」をクリックします。
4. 「再起動後に、このディスクの検査を実行しますか?」とメッセージが表示されますので、
 「はい」を選択します。
5. 全部のドライブのエラーをチェック・修復をする場合は1〜4を繰り返します。
6. パソコンを再起動すると、エラーのチェック・修復が実行されます。
 (パソコンの環境やハードディスクの状況によっては数時間かかる場合がありますので、
 時間に余裕を持って実行することをおすすめいたします。)


【メンテナンス3】 ハードディスクの最適化
パソコンを使っていると、ハードディスクのデータ」は色んなところに散らばってしまいます。データが散らばってしまうと、ハードディスクの読み込み速度が低下してしまいます。そこで、「ハードディスクの最適化」をすることで、同じファイルのデータや関係のあるデータを一箇所に集めることで、読み込み速度を回復できます。6ヶ月に1回くらいが目安です。

・ハードディスクの最適化の仕方
1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→
 「ディスク デフラグ」を実行します。
2. 最適化したいドライブを選択して「分析」をクリックするとデータの散らばり具合を分析してくれます。
3. その結果、最適化した最適化した方が良いと分析された場合は、「最適化」をクリックします。
 (パソコンの環境やハードディスクの状況によっては数時間かかる場合がありますので、
 時間に余裕を持って実行することをおすすめいたします。)
4. 全部のドライブを掃除する場合は2〜3を繰り返します。

上記のような定期的なメンテナンスを行うことで、パソコンを長く快適に使うことが出来ます。



2005年6月6日(月)

■ウィルスからパソコンを守る 〜最低限の自己防衛〜

パソコンを使っていると必ず耳にする言葉は「ウィルス対策」という言葉だと思います。ウィルスに感染すると、パソコンの動作が遅くなったり、知らないうちにウィルスの添付されたメールを大量に送信してしまったり、パソコンのデータが全て消えてしまったり、最悪の場合パソコンが壊れてしまうこともあります。Windowsパソコンは多くの人に使われているため、ハッカーやウィルスを作るような愉快犯に狙われやすいのです。

そのような事もあり、多くのウィルス対策ソフトが販売されています。しかし、このようなウィルス対策ソフトをインストールするとパソコンの動作が遅くなったり、不便に感じることが多々あります。そこで今回は、最低限のウィルス対策とウィルス駆除の無料ソフトを紹介します。
ウィルスからパソコンを守る

【ウィルス対策1】 心当たりのないメールは開かない
メールによってウィルスに感染してしまうということがよくあります。英語で書かれた明らかに怪しいメールや、心当たりのないメールは必ずすぐに削除しましょう。また、Windowsの標準のメールソフトのOutlook Expressでは、メールを選択しただけでプレビューしてしまう機能が付いています。これによってプレビューしただけで、ウィルスに感染してしまうこともあるので、このプレビュー機能は使わないようにしましょう。

・プレビュー機能の解除の仕方
1. Outlook Expressの上部にあるメニューの「表示」→「レイアウト」をクリック。
2. プレビューウィンドウの項目の「プレビューウィンドウを表示する」のチェックをはずす


【ウィルス対策2】 Windows Update(ウィンドウズアップデート)をこまめに行う
Windowsを販売しているマイクロソフトでは、新たに発見された欠点(脆弱性)を修正するプログラムを無償で提供しています。このアップデートをこまめに行うことでウィルスに感染する危険性をだいぶ減らすことが出来ます。

・Windows Updateの仕方
1. Internet Explorerの上部にあるメニューの「ツール」→「Windows Update」をクリック。
2. マイクロソフトのホームページで該当するアップデートを行う。


【ウィルス対策3】 信頼のない怪しいホームページには近づかない
悪意のあるホームページでは閲覧しただけで、ウィルスに感染してしまうこともあります。このような危険を避ける為に、なるべく怪しいホームページには近づかないようにしましょう。


【ウィルス対策4】 時々、ウィルスに感染してないかチェックする
ウィルスに感染してしまったパソコンを放っておくと、感染の被害が増大したり、パソコンから個人情報が流出したりする危険性があります。時々、パソコンをチェックしてウィルスを駆除しましょう。流行のウィルスであれば、無料のソフトでウィルスを駆除できます。

・ウィルスのチェック・駆除の仕方
1. ウィルス対策ソフトメーカーのマカフィーから、以下のウィルス駆除ツールをダウンロードする。
 ウィルス駆除ツールStinger
2. Stingerを起動したら、ウィルスチェックしたいドライブを選択する。
 (「Add」・・・自分で入力して選択、「Browse」・・・フォルダを参照して選択、
 「Remove」・・・選択したドライブを対象からはずす)
3. 例:CドライブとDドライブをウィルスチェックしたい場合。
 「Browse」をクリック→「D:」を選択→「OK」をクリック。
4. 「Scan Now」をクリックすると、ウィルスチェック・駆除が開始されます。

上記のような最低限の対策をしっかりと行えば、ウィルスに感染する可能性をかなり減らすことが出来ますので、普段から心がけるようにしましょう。



2005年6月1日(水)

■KineticFusion (SWF編集) 〜SWFをXMLベースで編集する〜

Flashと呼ばれるインターネットでアニメーション等を容易に実現出来るソフトがあります。Flash等によって作成されたSWFファイルは、基本的に元のFLAファイルがないと修正出来ません。ここで紹介するKineticFusionは、元のFLAファイルが無くてもSWFファイルをXMLベースで編集することが出来ます。さらに、そのSWFで使われている画像や音声まで取り出すことも出来ます。今回はそのKineticFusionの使い方を説明します。
KineticFusion

まずは、下記のURLからKineticFusionをダウンロードしましょう。
・KineticFusion (http://www.kinesissoftware.com/

上部のメニューの「Download」のページへ行き、「KineticFusion Free Edition」のInstallerをダウンロードします。また、KineticFusionはJavaで動作しますので、お使いのパソコンにJavaがインストールされていない場合はJavaをダウンロードしてインストールしてください。

それでは、KineticFusionをインストールします。ダウンロードしたファイルを解凍すると「KFInstall105.jar」ファイルが入っていると思いますので、このファイルをダブルクリックして実行します。ライセンス契約に同意して、インストール先を決めたら「NEXT」で進めるとインストールの完了です。これで準備は整いました。いよいよSWFファイルを編集しましょう。

ソフトの起動は「KineticFusion.jar」をダブルクリックします。
KineticFusionを起動した画面。
KineticFusion

【SWFをXML(RVML)に変換】
(1)「SWF To RVML」のタブをクリック。
(2)「Input SWF File」で変換したいSWFを選択する。
(3)「Output RVML File」で書き出したい場所を選択して、
  ファイル名を「適当な名前.rvml」(例 movie.rvml)と入力する。
(4)「Translate tob RVML」をクリックするとRVMLファイルが生成される。また、KineticFusionをインストールした直下のドライブの「\temp\ファイル名Resources\」の中にSWFで使われている画像やサウンドが保存されている。RVMLファイルをテキストエディタで開いて、テキストなどを編集出来る。

【XML(RVML)をSWFに変換】
(1)「RVML To SWF」のタブをクリック。
(2)「Input RVML File」で変換したいRVMLを選択する。
(3)「Output SWF File」で書き出したい場所を選択して、
  ファイル名を「適当な名前.swf」(例 movie.swf)と入力する。
(4)「Translate tob SWF」をクリックするとSWFファイルが生成される。

このようにKineticFusionを使うとSWFファイルを編集出来たり、画像や音声等を取り出すことが出来る。RVMLを覚えればFlashのアプリケーションが無くてもSWFを作成する事が出来ますので覚えてみてはいかがでしょうか。


【SWFの編集 番外編】 New
2006年3月3日にSWFファイルを編集・作成が出来るソフト、Free Motion 2(最新版)が発売されました。Free MotionはSWFファイルを開くことが出来、Action Script(Action Script2にも対応)なども編集することも出来ます。また、1からFlashを簡単に製作出来るようにテンプレートも付いています。さらにインターネット上のFlashを簡単に保存出来る機能がブラウザに付加され、そのままSWFファイルを編集することも出来ます。商品の詳細は販売元のサイトに載っています。

ダウンロード専用のFree Motion 2 ダウンロード版が、5,980円で一番お手ごろな価格です。
(※「Free Motion」で検索すると見つかります。)
通常版のFree Motion 2(最新版)は8,126円(税込)で、乗り換え版のFree Motion 乗り換え版は7,068円(税込)で販売されています。SWFの編集に最適なソフトです。



<< 前月のまめ知識へ <2005年6月のまめ知識> 次月のまめ知識へ >>

サイト内検索



検索方法ヘルプ


文字の大きさ



まめ知識INDEX

パソコンまめ知識カテゴリ別一覧

2012年1月〜12月

情報ウィンドウを角丸に New
〜Google Maps API v3〜

ファイルの復元ソフト「Recuva」
〜フリーソフトなのに優秀〜

パソコン用メガネ
〜ブルーライトから目を守る〜

気軽に購入出来るAndroid端末
〜格安のAndroid端末のご紹介〜

かざぐるマウス
〜マウスをパワーアップ〜

2011年1月〜12月

Glary Utilities
〜パソコンメンテナンスツール〜

おすすめアプリ紹介
〜スマートフォンを活用〜

コンピュータグラス
〜目の疲れを軽減する〜

2010年4月〜12月

Windows7の高速化 vol.1
〜不要な効果をなくす〜

みんなで買ってお得に利用
〜クーポン共同購入〜

複数のメールを一箇所で管理
〜Gmailの活用〜

拡張子を表示する
〜ファイルの種類を確認する〜

2010年1月〜3月

Windows 7 機能一覧
〜知ってると便利な機能〜

ワンセグを閲覧する
〜パソコンで気軽にテレビを視聴〜

2009年10月〜12月

郵便年賀.jp
〜オンラインで年賀状作成〜

Office Live Workspace
〜オンラインでOffice〜

2009年7月〜9月

Security Essentials
〜無償ウイルス対策ソフト〜

Windows 7
〜Windowsの次世代OS〜

2009年4月〜6月

FLVファイルの再生
〜FLVP〜

YouTube等の動画のダウンロード・保存
〜Craving Explorer〜

Internet Explorer 8
〜高速化された最新版〜

2009年1月〜3月

IEの過去のバージョンで検証
〜Multiple IE〜

リアルタイムにHTML検証ツール
〜Firebug〜

ブログを設置する
〜システムの紹介〜

オンラインでウィルスチェック
〜VirusChief〜

2008年10月〜12月

パソコンを開けずにメモリを確認
〜メモリの増設等に重宝〜

パソコンのデータを完全消去
〜個人情報の保護〜

ケイサンワンコ
〜計算ゲームの紹介〜

2008年7月〜9月

IE6とIE7を共存させる
〜IE7 Standalone〜

WindowsでMacの圧縮形式を解凍
〜Aladdin Expander〜

悪意のあるソフトウェアの削除ツール
〜特定のウィルスを削除〜

2008年4月〜6月

逆順印刷、部単位で印刷
〜プリンターの印刷方法〜

単語登録、辞書ツールの活用
〜入力の手間を省く〜

読み方の分からない漢字を表示
〜言語バーの活用〜

2008年1月〜3月

ロリポップ
〜月額263円のレンタルサーバー〜

Windows Live スペース
〜無料のオンラインストレージサービス〜

Windows Live メッセンジャー
〜無料のコミュニケーションツール〜

タイピングピヨチ
〜タイピングゲームの紹介〜


それ以前のまめ知識
(パソコンまめ知識カテゴリ別一覧)

PC上手トップ  |  デスクトップ  |  ノートブック  |  周辺機器  |  用語集  |  カスタマイズ  |  パソコンまめ知識  |  パソコン購入ガイド


ページのTOPへ戻る

Copyright (C) 2004-2017 PC-JOZU. All Rights Reserved.